都市に眠る日本の未来

日本には様々な資源が眠っています。
石油や石炭と言った鉱物資源ではありません。
「都市鉱山」を代表とした私たちが普段ゴミと思っている物の中に含まれている「貴重な金属」のことです。
例えば金や銀と言った貴金属から、ごく少量しか地球上に存在しないレアメタルといった物です。

どこにあるのか

都市鉱山は私たちの身の回りにたくさんあります。
これらは電気の通りが早くないと、操作ができず最悪動かなくなってしまいます。
そのため一番電気をよく通す金がたくさん使われています。
そのまま粗大ごみ埼玉の不用品回収に出してしまえば何の意味もありません。
携帯電話やパソコンと言った情報通信機器はその代表例です。
使える物ならば使い続け、使えなくなったら法律や正しい処分方法に従って処分することが大切です。

何の役に立つの?

地球上にたくさんの金属が眠っているのは、今まで誰も手をつけてこなかったからです。
もちろん鉄や銅といった金属類は私たちの生活を支えるため使われてきましたし、金や銀はお金や宝飾品として昔から親しまれてきました。
しかしそれ以外の金属、例えば「レアメタル」に代表される貴重な金属は全く見向きもされてきませんでした。
今では様々な機械が登場し、それらを作る過程においてレアメタルが重要な鍵を握っています。
いわば隠し味の調味料のように製品に少し混ぜてあげることによって、製品を作りやすくなり最終的には質の高い製品を作ることが出来るのです。
レアメタルは近年飛躍的に需要量が増加し、枯渇の危険性が指摘されています。
代替資源となる金属も開発されていますが、まだまだ完璧とはいえません。
そこで私たちの身の回りにある金属からレアメタルを取り出すことが出来れば、将来にわたって質の高い製品を作り続けることが出来ます。
資源を枯渇させずに、将来の世代のために役立たせるのが大きな狙いです。

どうやって取り出すのか

金属にはそれぞれ「化学反応」の種類があります。
薬品によって溶けやすいものや、熱にやって溶けやすい物など様々あります。
こうした金属によって異なる性質を上手に組み合わせて、家電製品の基板から金属を取り出していくのです。
金は何者にも溶けず絶対にさびないと言われていますが、特殊な配合で薬品を混ぜた「王水」という薬品に入れると溶けてしまいます。
王水も処理に活用されています。

日本を支える都市鉱山

日本には大量の資源が眠っています。
これらを活用するのがこれからの日本を支える重要な鍵になりますね。

更新情報

△PAGE TOP